仮想通貨に魅せられた人の日記

8月1日のビットコインの分裂に向けて仮想通貨を始めました。特に、ネムが好きで、よくネムについて記事を書くと思います!

nem news9月23日

こんにちは!

 

久しぶりに、しっかりした記事を書こうかなと思います。

この1週間、ベトナムでの生活を記事にしていましたが、ネムの情報を

しっかり伝えていけたらと思います。

f:id:Akashizard:20170923152540p:plain


 

nemflash.io

 

この記事について書こうかなと思います。

nem財団の方が、マレーシアのDigital economy corporation(MDEC)を訪問した時の記事になっております。

この記事が英語であるため、私の考えも交えながら書いていきます。

MDECとは?

マレーシアでのデジタル経済を推進する上で主導機関です。MDECの役割は、活気に満ちたデジタル経済を構築し、マレーシアが世界のデジタル革命において主要な役割を果たすことを確実にすることです。MDECの実装と取り組みは、デジタル経済に対する意識の醸成、業界の信頼できる才能の創出、人々(ラケット)と企業のデジタル技術採用の促進に集中しています。MDECはまた、中小企業(SME)を含むマレーシアの技術産業の成長を育むために委託された機関です。

グローバルな視点では、MDECは、マレーシアが世界のデジタル革命に不可欠な役割を果たすとともに、世界のICT企業の参加を得て、同国における最先端のデジタルおよび創造的なソリューションを投資し開発する責任を負っています。

 すごいやん。

マレーシアは今も成長を続ける国です。

ちなみに、タワーマンションでプール付き、テニスコート付き、ジム付きのお家賃が3万円台のところもあるそうです。

訪問の主な理由の1つは、10,000平方フィートのブロックチェーンセンターであるNEMのブロックチェーンセンターが、マレーシアのクアラルンプールにあり、インキュベーター、アクセラレータ、共同作業の役割を果たすためですスペース。この施設には、研究開発の本部であるNEM Blockchain Innovation Labと、ITインフラストラクチャ内でNEMプラットフォームを使用することを希望する組織の地域サポートが収容されます。 

 

 ネムの総本部はマレーシアの首都、クアラルンプールにあるのですね!

今年開業予定らしい。

とても楽しみである。

 

NEM財団がマレーシア経済のためのエンタープライズソリューションを開発するためのネットワークとテクノロジーをどのように活用できるかについて意見交換が行われました。 

 おおー。

ネムとしてはまずマレーシアで地盤を固めたい、ということでしょうか。

ネムのブロックチェーンは他のものとはまた違うとてもいいものを持っているので、普及すると思いますし、需要はかなりあると思います。

MDECはまた、インターネット経済と国境を越えた電子商取引の合流点と指数関数的成長を活用するイニシアチブであるマレーシアデジタル自由貿易ゾーン(DFTZ)にも取り組んでいます。DFTZは、国境を越えた取引を円滑にし、現地企業が電子商取引の優先事項で商品を輸出できるように設定されています。

こういう、大きな取引とかにネムのブロックチェーンが使われたら、最高に面白いですし、ワクワクします(๑╹ω╹๑ )

 

この記事の結論としては、

会議は、NEM財団とMDECとの更なる関与のため、さらなる共同分野と可能性を検討した。

 となっております。

仮想通貨界隈(主にビットコイン)は色々荒れていて、大変な時期ですがこういう記事を目にするとホルダーとしてとても安心できます。

 

早くネムもビットコインに引っ張られないような強さが欲しいところですが、ゆっくり成長しているので、これからもしっかり見ていきたいと思います。

 

また、先週の1週間で2回もハーベストがありました👏

これだからやめられないwww

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

COMSAへの登録はこちら

tokensale.comsa.io

 

zaifへの口座開設はこちら↓

zaif.jp

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最後に、このブログがいいね!と思った方は、下のボタンのクリックをお願いします!

励みになります(๑╹ω╹๑ )


仮想通貨ランキング