Binance(バイナンス)銘柄紹介-1 Steller lumens(ステラー)

QASHが購入できる取引所QUOINEの登録はこちら!

f:id:Akashizard:20180103020441p:plain

 

はじめに

あけましておめでとうございます。

2018年もどうぞよろしくお願いします。

2018年は仮想通貨、ブロックチェーンのすごさに世間が気づく年で、世界的にも市場は拡大し続けていく年だと思います。

 

私のブログももっとたくさんの人に見ていただけるように、改善を加えていく予定ですので、どうぞ今年もよろしくお願いします。

今年もプラットフォーム系の仮想通貨を軸にポートフォリオを組んでいく予定です。

 

バイナンスで私が注目しているプラットフォーム系の銘柄を何回かに分けて紹介していきたいと思います。

今は草コインが注目を浴びていますが、私はなんか違和感を覚えています。

実用性の高い通貨、プラットフォームが伸びる時代がきてほしいと....

そういう意味で、プラットフォーム系の通貨を知って欲しいということで、このブログで紹介していきます。

 

Binanceの登録はこちら!

Steller lumens(ステラー)

概要

f:id:Akashizard:20180102234508p:plain

 

 

 

 

⬆️が現在のステラーの価格と時価総額ランキングです。

ステラーについて

ステラーは実は昔リップルの考えをもとに作られたシステムなのです。

ですので、リップルが投機目的ではなくそのシステムが評価されれば、ステラーも評価されるのでは??と考えたのですが、今はそのリップルのシステムを改良してSCPという独自のプロトコルを採用。

リップルがマクロ経済を抑えるなら、ステラーは個人間のやり取りの市場を抑えると考えて、ミクロ経済を抑えると思います。

 

ただ、個人間のやり取りはnemのチェーンが優秀だと思うのですが、ステラーは金融面で強い(リップルベースだったので)為、nemとは住み分けができる気がします。

 

リップルのRipple Consensusはある承認者(現在はほぼリップル社)によって、取引を承認しているので、POW(ビットコイン、モナコイン)などの分散型ネットワークとは異なり、完全に中央集権型のシステムであります。ripple consensusは80%以上の承認がいるそうですが、ステラーは80%以下でも承認できるようです。個人間ベースまでスケールを落とした結果、利便性をとったと考察できます。

Binanceの登録はこちら!

 

IBMとの提携

私もこのIBMとの提携でsteller lumensを知ったのですが、扱っている取引所がBittrex,poloniexでその時は基本的に海外取引所を使わない主義だったので放置していました。

12月からBinanceで取引を初めて、初めてステラーを購入できたというところです。

 

 

トロント - 2017年10月16日 :IBM(ニューヨーク証券取引所:  IBM)は、金融機関が決済時間を短縮し、グローバルな支払いを完了するためのコストを削減するように設計された、国境を越えた支払いのプロセスに取り組むのを支援する新しいブロックチェーン・バンキング・ソリューションを本日発表しました。企業や消費者にとって IBM Blockchainを使用し、技術パートナーであるStellar.orgおよびKlickEx Groupと協力して このソリューションは、銀行がほぼリアルタイムで単一のネットワーク上で決済取引をクリアし決済するスピードを向上させることを目的としています。

今日、国際的な支払いを行うことは、費用がかかり、面倒で、誤りを起こす可能性があります。異なる通貨の取引は、複数の仲介業者を必要とし、完了に数日または数週間かかります。世界銀行によると、近代化し、金融アクセスを提供するイニシアティブは、通貨と商取引の流れを改善し、2020年までに10億人に金融サービスを拡大するという目標を達成するのに役立つだろう*。 

このソリューションは、すでに太平洋諸島とオーストラリア、ニュージーランド、英国の12の通貨コリドーでライブ取引を処理しています。ブロックチェーンの分散元帳を使用して、すべての適切な当事者は、金融取引の決済および決済に関するアクセス権と洞察を得ています。すべての支払いタイプと価値について、世界中の金融フローを拡大するように設計されており、金融機関が中央銀行発行のデジタル資産の交換のために選択した決済ネットワークを選択できるようにします。
例えば、将来、新しいIBMネットワークは、サモアの農家がインドネシアのバイヤーと貿易契約を結ぶことを可能にする可能性がある。ブロックチェーンは、契約条項を記録し、貿易文書を管理し、担保を差し入れ、信用状を取得し、即時支払いで取引条件を確定し、透明性と相対的に容易な世界貿易を実施するために使用される。

 

ステラーはリップルが目指しているものをミクロ経済で実現させようとしているのが、IBMの記事でわかり、そしてステラーは世界最王手のIBMと提携したことは大きいと思いました。

ブロックチェーンは世界の人をつなげる本当にすごい技術で、それを実社会ベースで実現させようとしているのがステラーだとわかりました。金融、ビジネス、peer to peer でのやり取りが盛んになる世の中は近いと思います。そして、それが無駄な仲介業者がなくなるということで、生産者が最大の利益を得ることができる素晴らしい世界になると思います。

 

ブロックチェーンって今は投機的な目的で’’’’’’仮想通貨’’’’’’を買っている人が多いですが、ブロックチェーンっていろいろな人を豊かにして、そして富の再分配が行えると真剣に思っています。

 

Binanceの登録はこちら!

 最後に

また、ブロックチェーンに対する思いが熱くなってしまいました。

ステラーは個人間の金融のやりとりに使われるので、期待です。銀行はBankeraがあるのでwww

正直リップルよりも優秀。

なぜなら、nemとEthereumのチェーンに乗るから。

 

また今後もBinance銘柄の紹介(プラットフォーム限定、独自のアルゴリズム限定)を通して、ブロックチェーンのすごさを伝えられたらなと思います。

 

あ、Binance登録してない??

 

Binanceの登録はこちら!
🔼からどうぞw!!

 

www.lovenem.site