QASHとCOMSAの違いってなに?

QASHが購入できる取引所QUOINEの登録はこちら!
f:id:Akashizard:20171220032207p:plain

Qash とは(おさらい)

Quoineが11月の初旬、3日間でICOを行ったイーサリアムベースのトークンです。

何と、調達額はCOMSA超えの150億くらい集めました。

なぜICOを行ったか。

それは、流動性を持たせたLiquidという取引所を作るため。

Liquidは世界中の取引所の取引板をリアルタイムで反映し、取引所間の価格差をなくすというものです。

 

詳しくはQASHホワイトペーパーを読んでを閲覧していただくと概要がわかると思います。

 

www.lovenem.site

 

また、最近の発表ではQASHは独自のブロックチェーンの開発も行い、フィンテックに特化したブロックチェーンを一から作るとの発表がありました。また、国内ICOも検討中とのこと。

 

COMSAとは(おさらい)

COMSAはICOプラットフォームを作るためICOを行いました。9月にpreセールがあり、1000万円以上の購入の方だけ+20%のボーナスがもらえるとのことでした(ちょい不満w)。

COMSAプラットフォームではネムとイーサリアムのチェーンをつなぐCOMSA Core COMSA Hubの開発を行い、そして企業のICOをオフチェーンでできるようにしようとするプロジェクトのことです。

企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

 

COMSAは100億円くらい販売されたと思います。

詳しくは COMSA一般セール開始 

で書いたようなw気がしますのでそちらもどうぞ!

 

www.lovenem.site

 

QASH・COMSAそれぞれの違い

ICO観点

f:id:Akashizard:20171220020419p:plain

まずはICOから比較する。

COMSA

プレセールが設けられたICOでした。

当時、私もPreで書いたかった組ですが、最低購入金額が決まっており、ICOで参加することに。

最低購入金額が1000万円だったので、そんな資金もなく撤退。

ICOでボーナスをつけて買いました。

ちなみに、ボーナスはプラス14%.

 

Preよりは劣ったが、十分なボーナスを得られていて私的にはとてもよかった。

また、発行枚数は販売した枚数の2倍を全体の発行枚数として発行。

すなわち、今回は1億枚売れたので、1億枚は購入者に配分、そして残りの1億は運営。

また、COMSAは年末までにロックアップを発表しています。ロックアップとは運営が持っている枚数を市場に流さないことを約束するもので、市場に枚数が少なければ希少価値は上がるので価格は上がると言われています。

最近ではリップルがその挙動を示していて、12月初旬に550億XRPのロックアップも行い、その効果か知りませんが価格は上昇しました。

まあ、株でいう自社株買いみたいなもんだと思います。

 

購入理由としては一点のみで、ネムが好き。そしてイーサリアムが好き。とのことで、COMSA Hub、COMSA CoreができればそこをスムーズににCMS(トークン)がペッグ通貨としてネムチェーンとイーサチェーン状で交換できる。私的にはICO云々はキャンプファイアの件でうんざりしているので、技術的に期待をしていました。

 

QASH

11月の一ヶ月間で売る予定でしたが、私も恐怖に陥ったBitcoin Segwit2X実装かも??が市場に不安を募らせたあの時期。長い調整期間でした。Segwit2X自体はBitcoinのチェーン自体を破壊しかねないとても危ないHFで、BitcoinがダウンすればALTを含む仮想通貨が全てダウンすると考えられていたので、QUOINEは投資家保護のため3日間というICOの期間を設定しました。

 

Segwit2X実装が11月15日付近と言われていたので、そこまでにはICOを完了させないといけない。私はこの投資家保護をしていただけるあたりからとてもQUOINEに好感を持つようになりました。

それで私もリスクヘッジとしてICOに参加することにして今に至ります。

ただ、初日??くらいで売り切れてしまい、機関投資家に売り出す分を少し分けてもらい、最終的に150億円分のQASHを販売することができた歴史があります。臨機応変な対応もかなり好感が持てた日々でした。

それでも購入した分のQASHの半分は払い戻された経歴もあり、もっと資金を入れとけばよかったと後悔しています泣

 

あと、好き嫌いはありますがビットコインキャッシュの生みの親??のジハンちゃんもこのQASHのICOに参加しています。

 

ICOに参加した理由としてリスクヘッジという意味もありましたが、ワールドオーダーブックの開発はすごいと思いました。私は海外に当時口座を持たない主義だったので、買いたい銘柄も買えない状況にありました。また、アービトラージ(取引所間の価格差)は最近ではビットコインの送金が遅いためほぼ機能しませんが、不公平さをなくすためにはアビトラを0にした方がいいと考えていました。QASHトークンICOで集めたお金はLiquidという新しい取引所を開設するために使用され、そこではBittrexの板・Poloniexの板・そしてQUOINEの板などをリアルタイムで同期させて、また法定通貨に対してもリアルタイムで為替換算してくれて取引の不平等さをなくすことを目指しているというホワイトペーパーを見て一目惚れしましたw

 

プラットフォーム・開発

f:id:Akashizard:20171220021602p:plain

COMSA

comsaは基本的にイーサリアムとネムのプラットフォームを使ってICOを行い、両チェーンで行き交いできるようにComsa coreがあります。また、企業のトークンとなると自社で使いたい場面も出てくると思うので、そういう時にはネムのプライベートブロックチェーンを使うのだと思います。

ネムの強みです。そこに、mijinも乗ってきてより高速な処理を目指すというものになると思います。comsa云々じゃなくてネムのチェーンってほんと素敵だと思います。次のカタパルト実装でプライベートチェーンも載ったような気がします。色々と期待。

また、メッタプスとの提携も決まっており、韓国上場も間近と言われていますが、公式の見解がないので妄想だけにしましょうw

現在、取引できるのはZaifだけになり、Ethereum上のトークンのCMSとnemのモザイクのCMSでは価格がやや乖離しています。おそらく、comsa coreと comsa hubの開発が進めばこの価格差はなくなると思います。

 

QASH

現在はイーサリアム上のトークンだが、今後はQASH独自のブロックチェーンを作っていくそう。

イーサリアムベースの開発でもない、"""フィンティック"""特化型のブロックチェーンを作るそう。

ここで、注目したいのは私が持っている銘柄は独自のプラットフォームを持つものばかり(ネム、イーサリアム、リスクなど)。

なぜ、強いか??

例えば、ビットコインのチェーンに乗っているものだとしたら、ビットコインのチェーンへの攻撃でダウンすればそのトークンもろとも電子クズになるのではと考えています(詳しい人いたら教えてくださいw)。そう考えると、独自のプラットフォームを持っていたら、好きに開発できるし自分で環境も整えると、個性が出しやすくなる。

そうすると、他との差別化が図れてチェーン自体に価値がでる。そう考えていつも資産として持つものは精査しています。トレードはおやすみする予定もあり、生き残る可能性のある通貨を買うというのは当然であり、人それぞれですが私はプラットフォームという答えにたどり着きました。

そういう点で、QASHはまだまだ未知数ですが期待しています。

 

あと、流動性を増すということでいろいろな取引所に積極的に上場しています。これはとても通貨にとってはいいことで、QUOINEの人脈の広さというのには感心します。

その点で、私はICO参加の時から10倍投資額を増やして現在に至ります。

 

 QASHの好きなところ

COMSAは技術的にそしてネムのエコシステムの発展を応援するために全体の数%持っていますが、QUOINEがICOをすると宣言した以上、私はQASHに全力投資しました。

テックビューロは開発を行うところであり、色々と先方との調整もあると思いますが、定期的な報告がないのは不安になりました。そして、決定打となったのはcmsのモザイクの送金が12月8日にできなかったこと。そしてその連絡きてないよね??という点です。

私はnanowalletにモザイクが入ることをとても楽しみにしていたので、延期するなら延期すると言って欲しかったです。延期することは分かっていましたが、どこまでの期間とかをメールでもいいのでお知らせして欲しかったです。

 

一方で、QASHは毎週一回必ずテレグラムとメールで栢森社長から週間報告があり、プロジェクトの進歩具合を確認できて保有していてとても安心なトークンだと感じています。また、AMAをFacebookで行い積極的に私たちQASHホルダーとのコミュニケーションを大事にしています。

IT企業だからこそ人の信頼はとても重要だと感じQASHに増資した経緯です。

あと、イベントが面白いw

quoinexjp.zendesk.com

 

クリスマスキャンペーンもありとても楽しいです。

大体の取引所は出来高上位の人がBTCもらったりしていますが、弱小の私はほぼボーナス貰うのは無理です。

 

"""しかし"""、QUOINEは抽選でiPhoneXがもらえたりととても面白いキャンペーンをしています。過去にはBTCやETHの配布もあり、とてもいい取引所だなと思います。ただ、UXやUIがイマイチという意見も多いので(慣れればめちゃ使いやすい)、トレーダー用と一般用を分けるなどの対策も必須だと感じています。

 

まとめ

今回は私が思っていることをつらつらと書きましたが、決してCOMSA・QASHが嫌いとかでは一切ありません。

COMSAに関しては私が参入した時から絶対に参加すると決めていたICOですしネムの経済圏は発展すると確信しています。

QASHは投資した身として見届けるのが面白い、個人的には超BIGなプロジェクトでどちらも応援していきます。

ただ、保有割合と応援割合は比例していてQASHの方が圧倒的に多いというのは察してください。

 

 

QASH購入

長々とありがとうございました( ^ω^ )

この機会にQASH購入したい方はまずQUOINEXに登録してください!

口座開設方法は↓に詳しく書いていますので、一読ください。

 

www.lovenem.site