Bankera ICO 終了!! 

Bankera ICO 終了!! 

Bankera ICOが終了するまでの軌跡とこれからのBankeraの動きを紹介していきたいと思います。

Bankera ねむらー推し推し銘柄です^^

Bankeraとともに成長した半年

以下、ただの日記になりますw

Bankeraの今後を知りたい方は目次から飛んでくださいねw

8月28日

私は一生忘れられない日となりました。

2017年8月28日 私は夜横浜にいました。

共同研究先の社長と横浜の高級ラウンジで飲んていた時、ICO開始時の20時になるとトイレにこもり、必死にspectrocoinにログインしていた日を懐かしく思います。私がインターンシップで東京にいた1週間はいろいろなことが仮想通貨界隈ではありました。

Zaifではzaifトークンが2.5円まで暴騰し、あいにくの502bad gateway .

そんなこともありました。

まあ、残念なことに20時にspectrocoinにログインできずに諦めてホテルに帰った時点でBTCでBNKを買ったことを覚えています。

サーバーを落とすほど人気があり、初日では10億枚くらい売ったことを覚えています。

Bankeraは私にとって初めてのICOでした。

それだけ期待を持ち、スキャムと言われながらもnem関連だから、このプロジェクトだけは見届けたいという思いで、長期戦とわかっていても参加する意義がありました。

もう少し、Bankeraと私について書いて行きます。

pre-ICOで保有量の1/3を購入し、11月末に始まったICO。

この頃はmonaが噴いて、BCHが噴いてと色々ありました。

そして、Loyalcoinもこの頃に参加したような….

ご祝儀で数千xemをICO開始した日にBNKを購入しました(1xem=20円くらい)

この頃はcomsaも終わり、QASHに出会い、仮想通貨、ブロックチェーンにコミットする時間が増えた時期でした。

そして、ブロックチェーン、プログラミングにコミットするためにBankea pre-ICO初日に呑んでいた共同研究、研究室をやめました。研究するに当たっても自分のスキルを上げたいという願いから、まだ未熟な市場である仮想通貨業界で働けたらなと思う日々でした。

Bankeraはsegwit2X でチェーンの破壊が囁かれた11月中旬にはいい仕事をしてくれました。と言いいますか、暴落時にはいつもいい仕事をしてくれました。Bankeraはお守り的なww

12月初頭 xem=60円 まで上がるほど暴騰を繰り返しました。

この頃、Binanceに戦場を移し、いろんな通貨を触りましたが、今のPF見ると何も残っていません。それだけ無駄なことをしたのかと。結局今は銘柄を5個くらいに絞っています。

12月下旬 QUOINEでインターンシップが実現しました。8月の土木の研究をしている自分からは想像できない世界で働けることの喜びは圧倒的でした。この会社で働きたいと。

2018年1月 まだまだ仮想通貨は盛り上がっていました。1xem=200円で BNKを現在の1/3分購入して買い増し終了。xemもmある程度売り、マイニングPCを購入。いいタイミングだったのかもしれません。

2月下旬 ICO 終了 nem meetupの手伝いなどいろいろな経験をさせてもらいました。いろいろなことを学べました。仮想通貨は仮想資産ですが、現実に残ったのは「人」とのつながりかなと。

Bankera無事終了してよかったです。長かったですw

ICO期間は当初の予定では12月31日で終了し、按分でがっぽりゲットみたいなことを思っていたのですが、50億枚も売れて正直びっくりしています。

これからのBankera

ICO結果

Bankeraチャットで発表された内容を記載します。

f:id:Akashizard:20180304151425p:plain

ICOの参加者人数は過去最大級とのことです。

10万人もホルダーがいることは、dump & pumpをさせにくいと昔言っていました。なぜ、ICO期間がここまで長くなったかはホルダーを集めるためであり大量にあるBNKを分散化させたかったからという意図もわかります。

個人的にはBNKは投機のためではなく、仮想通貨と現実の銀行を繋いでくれる架け橋になってくれることを期待しています。あと数年、価格が上がらなくても別にいいのかなぁと。。 2020年にATHを更新してくれればいいかなと。これからも長い目でみていきたいと思います。

これからの動き

ICO終了しましたが、どちらかというと(絶対的に)これからどうしていくかが鍵になると思います。

最初のステップの一つは、pre-ICOとICOのトークン保有者へ売れ残りったトークンを按分することです、これは1週間以内におこなわれます。追加のトークンはpre-ICOとICOの購入者にのみ配布されます。ボーナスやバウンティ(アドバイザー、コミュニティマネージャー、翻訳者など)に割り当てられたトークンは、チーム(総発行数の25%) 及びアドバイザー(総発行数の5%)に割り当てられたトークンの一部であるため、按分対象には含まれません。またpre-ICOおよびICO参加者の保有するバンカートークンの価格が希薄化することを防ぐため、アドバイザーおよびチームに帰属する残りの割合はBankeraプロジェクトの存続期間にわたって分配されます。

まず、売れ残った約20億枚のBNKを保有者へ按分します。今の保有量の約1.3倍になるそうです。

仮に10万BNK持っている方なら、13万BNKになるとか。

しゅごいですね。ただ、この按分された分はdumpされる可能性もあるので、買い余力を残しておかないと..w

その後、ETHチェーンとNEMチェーンに乗せることをするそうです。

ホルダーはETHのERC-20トークンかNEMのmosaicのどちらかを選ぶことができます。

正直こればかりは悩みます。

ERC-20は上場させやすいという利点がありますし、スマートコントラクトがあるので毎週のETHの配布が嬉しいですよね。

一方、NEMの方はカタパルトチェーンに乗ると大きくプロトコルが変わるので、プログラム自体も書き換えないといけなくなりそうなので、現段階ではERC-20かな…。

JavaからC++とのことなので、C++のエンジニアを集めることができるかがキーになりそうです。

一方で、イーサリアムの方も皆さん完全に忘れていると思いますが、アップデートが後何回もあります。その段階でチェーンが死んでしまうことも考えられるので、comsaの時と同様かなり思考を張り巡らせないと.

ちなみにcomsaの時はnem mosaicで受け取りましたが、nanowalletに移動できなかったので、全て売却済です。

f:id:Akashizard:20180304154511p:plain

これを見る限り、erc-20のコントラクトコードは現在も開発中なのかなと…

そしてこれからの流れは

ERC-20コントラクトコードの完成→ hitBTCへの上場(4月中旬)→spectrocoinへの上場(取り扱い開始)→Bankera exchangeへの上場

こんな感じでしょうか。

ネムのカタパルトがいつ実装されるかが見ものですね。私がねむらーになったきっかけがカタパルト実装が昨年の夏とのことでした。あれからもう半年ですが、欠陥があったら大変なので完璧なものをリリースされることを祈りますw

Hit BTCへの上場ですが、BTC ETH建のみになるそうです。

Bankera exchange

Bankera exhangeはBNKを所有していてBNKで手数料を払うと無料もしくは半額だったと思います。

上場する銘柄としてはBTC,ETH,DASH,NEM,ERC-20,nem mosaic だそうです。

ただ、デモ段階でLitecoinがあるのでLitecoinも上場する感じでしょうか。

願わくばLYLも上場してほしいので、公式テレグラムに投票するようにと言っておきましたw

f:id:Akashizard:20180304155918p:plain

こんな感じ。

見やすいです。

さいごに

いろんなICOが終了して仮想通貨界隈がもう一度盛り上がるような準備は十分にできていると思います。

個人的にはBankera Loyalcoin pundi Xがいい感じに盛り上がってくれればと思います。

BANKERAカテゴリの最新記事

Translate »