pundi X スワップ方法[PXS→NPXS]

pundi X スワップ方法[PXS→NPXS]

最近爆上がりしている、pundiX

投機から次のフェーズ「実需」に向けて期待しているプロジェクトです。

そして2018年 Consensusにも出ました!

すごい勢いで伸びています。

まだ、大きな取引所に上場していないので、可能性は無限大です

最近は、プログラミングの勉強に専念しており、仮想通貨は全く触っていませんでした。ただ、ここ数日だんだん面白い地合いになってきたので、このブログもコンテンツ増やしていきたいと思います。

現在、77期時くらいだと思うので、何とか夏までに100記事いきたいところです^^;

Pundi X

おさらい

www.lovenem.site

pundi Xについてはこちらの記事で確認していただければなと思います。

ざっくり言いますと、レジ決済システムのPOSのデバイスを作っているところで、そこのICOとコインがPundi X(PXS)です。

3月末に1PXS=1000NPXSNになるスワップがあり、そのスワップに成功したので記事にしようと思いました。

また、このスワップは9月までに終了させないといけないので、必見です!!

スワップ方法

詳細というか、公式のサイトを参考にしています。

 

pundix.com 

My Ether wallet にログイン

取引所からは絶対にスワップしないでください!(取引所から送ると永遠になくなります)

必ずMy ether walletなどのウォレットからスワップをおこなってください!

アドレスですが、サイトでも必ず確認してください(これだけは自己責任でお願いします)(変更される可能性もあります)。

f:id:Akashizard:20180418165047p:plain

アドレス記載先→https://www.pundix.com/swap

次にpxsの選択です。

f:id:Akashizard:20180418164819p:plain

こんな感じで送れると思います。

ここで、pxsが選択できない人はトークンを登録できていないのが原因です。

次のPXSトークンの登録方法を見てみましょう。

PXSトークンの登録方法

My ether wallet の右下にあるToken Balancesに注目します

f:id:Akashizard:20180423104519p:plain

カスタムトークンを追加をクリックすると図の右のようなものが現れます。

そこに、コントラクトアドレス、トークンシンボル、桁数を入力します。

PXS の場合は

コントラクトアドレス:0x358d12436080a01a16f711014610f8a4c2c2d233

トークンシンボル:pxs

桁数:18

登録できると、全てのトークンをみるをクリックすることで、確認することができます。

f:id:Akashizard:20180423105143p:plain

ここまでできて、やっと送金先を選択することができます。

PXSの送金

f:id:Akashizard:20180418164819p:plain

  • アドレスはhttps://www.pundix.com/swap に記載されているものをコピーし、送付先のところに貼り付けます。
  • Amount to Send でPXSを選択し、スワップする量を入力します。
  • Gas limitは350000
  • gweiは 5〜20(自分は早くするために20を選択)

(上のヘッダーのところで選択可能です)

f:id:Akashizard:20180423110122p:plain

そこまでできたら、generate transactionをクリック🖱

運が良かったらその日にその時間にNPXSとして送った1000倍の枚数が届きます。

運が悪かったら最大4日ほどかかるので、待ちましょう。

ちなみにですが、届いたかどうかはEtherscanで確認することができます。

etherscan→Ethereum BlockChain Explorer and Search

f:id:Akashizard:20180423111205p:plain

右上にあるsearchのところで、自分のethereumのアドレスを入力して、goを押すとイーサリアムの動きやトークンの入出金の履歴を見ることができます。

確認してみてください。

Pundi X の最近の話題

NEMブロックチェーンをベースに開発されたXPosの発表がありました。

medium.com

POSとはレジ決済システムのことです。

ネムラーとしてはねむが普及するためには、決済手段として広まることが必須だと思っているので、PundiXは普及に一役かってくれると思います。

また、Qtumのミートアップでpundi Xが入るので、Qtumのブロックチェーンでも動きそうですね!!

また、最近はたむけんさんが運営する焼肉たむらでねむ決済が始まり、PundiXの導入が期待されています。

ねむぐまさんがネム決済の導入に大阪まで出向かれてました。感謝です。

最後に

NPXSは最近の動向もあり、この地合いで毎日80%上昇をするなど、投機コインとして盛り上がっていますが、真価はここからだと思ってます。

これを機に調べて見ると面白いと思います!

pundiXカテゴリの最新記事

Translate »