QUOINE栢森社長AMAまとめ(2回目/12月28日)

QUOINE栢森社長AMAまとめ(2回目/12月28日)

AMAまとめました。

これからのQUOINEを社長自ら語っています。

はじめに

遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

年末のインターン、年始の色々な行事が重なってしまい、更新遅れています。

さて、Facebook Liveで数週間に1回のペース(12月はグローバル合わせるとほぼ毎週)で状況報告が行われています。

ユーザーとの距離が近いのもQUOINEおよびQASHを推す理由の一つです。

その際に、テレグラムで一寸さんのまとめを参考にさせていただいています。

www.facebook.com

AMAまとめ

金融庁申請について

・5月から申請をしていて、かなり苦労したらしいです。多大なる努力によって無事金融庁登録1号を取れたこと

・世界で初めて現行の法令に遵守したICO をできたこと。栢森社長は金融庁に毎週通って、説明をした。最終的に金融庁認可となってよかった。

・ブロックチェーン、QASHトークンは金融庁が認めているとのこと。

採用関連

・インターンもウェルカム(お世話になりました)

・100人規模での採用。紹介してくれた人にはQASHトークンやインセンティブなどのプレゼントも検討予定

・QUOINEのチームはグローバルで90人くらい

 取引所関連

・2017年4月の法令施行いら大規模障害・サーバーダウンなし。サーキットブレイクは障害ではない。

・盗難一件がなんと一件もない

・自社サーバーなどで対策している

・入出金は目視で確認している(確認作業を生で見させてもらいました)

本当にすごいと思うのは、やはり盗難が一件もないということではないでしょうか?

社長曰く、ほかの取引所は盗まれているとのこと。最近ではZaifで盗難がありました。

また、ビットフライヤーはMicrosoft Azureを使っていて、私はあんまり預けたくないと思っています。やはり、自社サーバーを持っていてそこが管理している方が安心です。

また、入出金ですが、本当に一件一件目視で確認しています。一番大事なところは人で確認するというところはすごいです。

また、サーバーダウンが一度もないというのもすごいと思いませんか??

ザイフはすぐに502 Bad gateway が出ますし、コインチェックも最近はなんか落ちることも多々ありと、どんな時も(サーキットブレイクは除く)使える取引所ってとても魅力的だと思います!

QUOINEの各取引所の役割等

QUOINEは現在、国内と海外に分かれており、仮想通貨と法定通貨を扱っています。

実は、もともとQUOINEはシンガポールに本社を置いていたのですが、数年前?に日本に本社機能を移したそうです。実は私が2番目に登録したQUOINEですが、それが決定打で登録しました。

わかりやすく、QUOINEの現在そして今後の体制を図示したいと思います。

f:id:Akashizard:20180111124309p:plain

国内ではQUOINEXで売買できる。

海外ではQOINEXとQryptosが使えて、Qryptosでは多くの仮想通貨が上場している。

そして、今後展開するLiquidではワールドオーダーブックにより、高品質で高速なマッチングエンジンを搭載して、高速取引を可能にする。また、クロスカレンシー換算エンジンにより、板が薄くなるようなことはなくなる。

それでいてかつQUOINEの3取引所の基軸通貨をQASHにするそうで、これはすごい。

また、QASH自体も金融プラットフォーム向けのブロックチェーンにして、かつトランズアクションの処理速度はVISA(毎秒5万件)は最低でも超えたいとのこと。

力強い!

Qashブロックチェーンについて加筆

フィンテック特化のブロックチェーンは何を目指しているか?

重要なのは大きく3つ、

👉ハイパフォーマンス

👉ローレイテンシー

👉スケーラビリティ

金融サービスは絶対に匿名性はいらない。

匿名性を訴えているブロックチェーンはフィンテックとか金融には向かない。金融庁では、QASHトークンはすでに仮想通貨の扱いで、独自ブロックチェーンとしての仮想通貨になるのは1年半後(2019年中頃)。QASHブロックチェーンの処理速度の目標値は、10万単位でいきたい。最低でもVISA(毎秒5万件)は超えたい。

QASHブロックチェーンは本当に熱い!!!

その他

Binance

201610月に流動性のパートナーシップを組みたい〜、QASHを扱いたいと言ってきて、在庫を含めて渡している。なのに今だにQASHが上場していない。パートナーとしてがっちり組むということにはならないかもしれない。

テレグラム場では14万枚渡したのではという噂??も立っているが、詳細は不明です。

マーケティング

キャラクターの公募もしたい、テレビCMもやる。AMAも色々やっていきたい。新しいオフィスになったらスタジオを作ってもいい。会計上の問題が解消されれば、社員の給与をQASHで支払いたい。

最後に

毎回のAMAで、QASHの握力が上がっていきます。

これだけ、毎回話すネタがあるということはそれだけQUOINEが活発的に動いている証拠だと思います。

QASHカテゴリの最新記事

Translate »