仮想通貨に魅せられた人の日記

8月1日のビットコインの分裂に向けて仮想通貨を始めました。特に、ネムが好きで、よくネムについて記事を書くと思います!

仮想通貨wavesのアイコンが可愛すぎる件について

はじめに

こんにちは。

ネムがとにかく好きなネムラーです!

 昨日、ZARDが好きすぎて、モザイクZARDを作りましたw

ZARDが好きな方、Twitterで配布しておりますので、呼びかけてくださいね〜!!!

 

そんな中、

「おいww、今日はネムの記事じゃないんかいwww」

と思われる方が多いと思いますが、すいません、また面白い通貨見つけましたw

既に、知っている人は知っていると思いますが、wavesを少しだけ仕込んだのでその魅力を伝えていければと思います。

こんな具合で、しっかりネム持ってます!

というか、85%以上ネムですww

 

ネム以外興味ないねんw

という方は、そっとブラウザを閉じていただければ幸いです。

 

Waves

wavesってどんな通貨?

wavesアイコン

Waves 仮想通貨

まず、アイコンはこんな感じです。

 

めっちゃかわいい(๑╹ω╹๑ )

ネムもそうでしたが、アイコンが可愛いとまず惹かれますねw

もちろん、イーサリアムのアイコンも好きです。

 

考え方(Pow/Pos/POI)

ざっくり言えば、ネムやイーサリアムみたいなプラットフォーム型通貨です。

 

wavesはPOS(Power of Stakes)の考え方を採用しています。私はこの考えはありだと思っているので、購入に踏み切った理由の一つです。

ちなみに

イーサリアム→POS

ビットコイン→POW

nem→POI

です。

 

何度も書くと思いますが、ビットコインは好きになれません。

歴史と価格

2016年4月に取り扱いが開始された通貨。

結構新しい通貨かも。

現在(2017年10月)は412円くらいで推移。

f:id:Akashizard:20171021222205p:plain

ちなみに、時価総額は20位。

 

扱っている取引所

・Bittrex

・liqui

・HitBTC..

ん???

日本の企業はないの?

残念ながらありません。

 

え..じゃあどうやったら買えるの??

ここがポイントです。

 

wavesはwavesのウォレットを手に入れれば購入できます。

また、ウォレットにビットコインやイーサリアムを送金すれば、ウォレット内にある分散型取引所でwavesを購入することができるのです!!!

 

*すでにBittrexなどの取引所にアカウントがある方はそこでwavesを買っていただいて、ウォレットに入れてください(๑╹ω╹๑ )

 

分散型取引所 DEX

f:id:Akashizard:20171026004910p:plain

DEXはその名の通り、分散化された取引所です。そのため、ハッキングから資産を守りやすいという利点があります。

また、ウォレット内で直接取引ができるのでwavesに関するアカウントを何個も作らなくて良いという利点があります。

これはとても良いと思います!!!

 

ちなみに、wavesと交換できる通貨は以下の通りです!

法定通貨:

・ドル💲

・ユーロ€

仮想通貨:

・ビットコイン

・イーサリアム

・ライトコイン

・Zcash

・waves

 

特徴

wavesは法定通貨に裏付けされて取引するという特徴があります。

これにより、USD、EUR、CNYなどの法定通貨を用いてDAX上で取引することが可能ととなっています。そのため、ドルやユーロを持っている方は、直接Wavesを取引することができ、ビットコインやイーサリアムを持っていない人にとってはとても利便性が高い通貨であると思います。取引手数料は0.001waves と安く、取引スピードも最大1000txs/秒と大変取引がしやすいと言えます。実際に、wavesを取引したところ、とてもトランズアクションが早く、ものの数分でアクティベートされました。ビットコインは送金、トランズアクションが遅過ぎてイライラするので(入金に2日かかりました)、これからの通貨は取引の速さも重要になっていくと思います( ^∀^)

 

Waves ウォレット

waves ウォレットの作り方

まず、2つウォレットの作成には方法があります。

一つ目はiosやandroidのアプリで作成する方法です。

f:id:Akashizard:20171026014339p:plain

 

ただ、iOSアプリでウォレットを作成できるのですが、生成したウォレットにビットコインを送ろうとするとエラーが出てしまいました。ですので、次に紹介させていただく方法でウォレットを作成後、importしてくださいね!

 

2つ目はChromeでウォレットを作成する方法です。

SafariやInternet Explorerで作成しない方がいいとのことです。

Chromeで作成するのが安全でしっかり動作するとのことで、実際に作成して見ましょう!

Chromeをダウンロードしていない人は、chromeをダウンロードしてくださいね♪

パソコン版 Chrome

 

chromeでウォレットを作成!

Chromeをダウンロードしたら、Waves Lite Clientにアクセス!

f:id:Akashizard:20171026015540p:plain

 こんな画面でましたか??

NEW Accountをクリック!

f:id:Akashizard:20171026020602p:plain

 こんな画面が出ますw

内容は以下の通りになります。

 

新しいアカウント 
この機能には、Wavesプラットフォーム上に新しいアカウントを作成する必要があります。
この手順は、SEED(一連のランダムな単語)を使用してアカウントの一意のアドレスを作成する複雑な暗号操作で構成されています。
このSEEDは非常に重要であり、紛失したデータやハードウェアに障害が発生した場合にアカウントを回復する唯一の方法であるため、安全な場所に保管する必要があります。
あなたのSEEDはまたあなたのアカウントを他のデバイスにインポートすることを可能にします(したがって誰にも知られない必要があります)。

注:SEEDの長さ全体を選択したままにしておいてください。 SEEDボックスの右側にあるクリップボードへのコピーボタンを使用することをお勧めします。

 

iOSやAndroidにのアプリのウォレットにimportする際にseed(15個の英単語)が必要になります。メモするなどして大切に保管しましょう!

f:id:Akashizard:20171026021806p:plain

 

ウォレットのアドレスも表示されます。

 

1.このウォレットの名前を決めましょう!

これはなんでもいいですw

2.ウォレットのseedを守るためにパスワードを設定します。

確か、弱すぎるパスワードだと登録できなかったきがするので、パスワードジェネレータなどでパスワードを生成するのをオススメします!

 

パスワードが設定できたら3のregisterボタンをクリック🖱

 

登録できたら、ログイン画面に入ると思います。

そこで、先ほど作成したパスワードを入力!

 

すると、ウォレットの画面が出てきます!

 

Bitcoinを例にで入金する方法を書きます!

Bitcoinでの入金

f:id:Akashizard:20171026024326p:plain

 

BitcoinのDepositをクリック🖱

 

すると、QRコードが出てきます。

f:id:Akashizard:20171026030153p:plain

間違っても、このQRコードに送らないでくださいねw!

このQRコードを読み込んで出金しちゃうと私のウォレットに送金されます。寄付していただけるなら、問題ないですがww 

必ず、自分のQRコードを読み込んでください( ^∀^)

 

出金方法はcoincheckのiOSのアプリでQRコードを読み込んで、出金する方法があります。

また、Zaifさんとかbitbankさん、bitflyerさんでビットコインアドレスを打って、出金する方法もあるのでどちらでもOkです!

また、見落としがちですが、0.01BTCから入金ができるので、日本円で最低6千円くらいは費用としてかかります。

必ず、0.01BTC以上で入金するようにしましょう!

 

出金方法はここでは省きます。

 

Wavesの購入

ウォレットを開きます 

f:id:Akashizard:20171026082459p:plain

 

図の光っているところ、交換のマークみたいなところをクリック🖱

ちなみに、左から

ウォレットの残高→取引履歴(portfolio)→DEX(分散型取引所)→Lending(あとで紹介します)...と続きます。

 

開いていいただくと、ビットコインとwaves(デフォルト)のチャートと売り板、買い板、歩み値が表示されます。

f:id:Akashizard:20171026082939p:plain

自分が欲しい値段(例えば0.00064BTCとか)をコピペして、

price in Bitcoinに貼り付けます。

f:id:Akashizard:20171026082754p:plain

あとは、欲しいwavesの数量を入力してBuyを押すと完了です。

 

取引が実行されると、下の取引履歴のところが点滅します。

これはトランズアクションを実行している最中を示します。

↓は一例ですが、注文をするとこんな感じで注文内容がでます。

f:id:Akashizard:20171026152413p:plain

 

wavesの確認

wavesが入ったかどうかは、ウォレットの残高から見ることができます。

f:id:Akashizard:20171026152914p:plain

 

Lending(貸し出し) 機能

概要

Lendingは英語で貸し出しという意味です。

ネムでいうハーベスト、イーサリアムでいうAirdropがwavesではlending機能で行われます。

WavesはPOSを採用しているため、wavesを持っていれば持っているほど報酬が多い通貨になります。

ネムはセキュリティのために、あとPOIの理論に基づき、既得バランスが1万XEM以上じゃないとハーベストできません。

私はこれに対しては全く不満はなく、これでネムのブロックチェーンがセキュアになっていると考えれば全く問題ありません。

Wavesは1Wavesから貸し出しができ、1Wavesから報酬をもらう可能性があるとのことです。

Wavesを使う予定がない人は、積極的にLendingしたほうがいいと思います!

 

Lengingの方法

f:id:Akashizard:20171026153924p:plain

 

まず、Lendingのアイコンをクリック(図で言う星のところですw)🖱

 

ネムの委任ハーベストと同じように、委任先のアドレスを選択します。

私はwevesgoというところに委任しています。

ネットで調べれば他にも委任先があると思いますが、このwavesgoが安定しているし、安全だと思います!

waves go のサイト↓

www.wavesgo.com

wavesgoのサイトの一番下のリンクにwaves mining pool というサイトがあると思います。私のパソコンの調子が悪いのか、クリックしても反応しないので、同じように反応しない方は次のリンクからmining pool にアクセスしてください!

 

www.wavesgo.com

アクセスすると、accountが表示されます。

このアカウントをコピーします。

f:id:Akashizard:20171026154547p:plain

 

f:id:Akashizard:20171026153924p:plain

その後、

1.に先ほどコピーしたアドレスを貼り付け!

2.にlendingするwavesの量を入力します。

 

その後、leaseをクリックするとlendingのトランズアクションが実行されます。

その他機能

wavesはその他にもトークンの発行、トークンの上場、ICOをすることができます。

waves上で独自トークンを作成したら上場できるそうです!

これはこれで面白いと思います。

 

また、mobile go などのICOトークンの購入もできます!

ICOプラットフォームとしても有能ですね!

今後に期待したいと思います

 

まとめ

他の通貨を知るということもネムの良さを見つけるのにはとてもいい勉強でした!

イーサリアムにはイーサリアムの良いところがあり、wavesにはwavesの良いところがあり、そしてネムは最高に良いということを再認識することができました!

wavesもとても面白い通貨ですので、一度検討されてみてはどうでしょうか?

 

日本での上場を楽しみにしています!

 

また、twitter上でモザイクを配布しています。

 

さらに、先日xemで寄付をしていただいた方がいらっしゃいました。ありがとうございました!その方には代わりにモザイクをプレゼントするという形を取らせていただきました。

今後ともクオリティーの高い記事を目指して精進して参りますので、どうぞ宜しくお願いします(๑╹ω╹๑ )