Zaif 取引所 取扱説明書

コイン積立

Zaif

zaif というのは深みがある。

”””サーバーダウンとの戦い”””

”””サーバーダウンとの戦い”””

”””サーバーダウンとの戦い”””

…..

 

これだけだ。

それを除くと素晴らしい取引所なのだが、肝心な時に機能しないのは辛い。

今回はいい意味でも、悪い意味でもZaif取引所という所の特徴を他の取引所と比較して、検証していきたい。あくまでも、一個人の意見であるということを忘れないでほしい。

また、強制ロスカット祭りの被害者としてもZaifというところがどのようなところかを冷静に書いていきたいです。

また、ここのブログにたどり着く貴方方はZaif登録をしているだろうが、もししていない!というなら、寄付のつもりでリンクを踏んでいただきたいです。

Zaifの登録はこちらから(>人<;)

 

 

それでは始めよう

 

Zaifのいい所

  • 必ず”””チャット”””サーバーだけは動いている
  • 取扱い銘柄がかなり多い(トークン販売はここくらい)
  • 手数料が安い
  • 送金が早い
  • JPY出金も早い
  • nemを買うならZaif
  • nemの取引高が世界で3割くらいある
  • 円建てで仮想通貨積立ができる
  • なんかICOしてる

ねむらーとしては願っても無い環境である。

そして、”””先物”””という運ゲーむをすることも可能だ。

 

これは素晴らしい。

そう、Zaifは”””サバイバル”””なのだ。

関連画像

ここで、生き残れたものは次も生き残れる。

そして、いちばん生存率の高い方法がある。

それは、”””コイン積立”””だ。

それではコイン積立について説明する。

コイン積立

コイン積立とはその名の通りに、Zaifがこちらが指定した金額分をその月の日数で割って、毎日コインを買ってくれるというサービスだ。

これはFXとか分からないし、自分でコイン買うのはなんか怖いみたいな方にはおすすめである。

そして、これは最強の分散投資であると考えられる。

”””ドルコスト平均法”””だ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドル・コスト平均法

説明はwikipedia先生に任せるが、これがとてもいい。

あと、一番取引をする上で厄介な”””人間の感情”””抜きで投資できるのはアドバンテージが大きい。

ただし、この投資法には確信がないといけない。

それは、その通貨が上がるという確信だ。

 

実際に、モナコインが30円だった時代に毎月1万円分のMONAを買っていたとしよう(実際にそういう時期はあった)。

シュミレーションを行う。

2017月4月 4円 10000円/4=2500枚

2017年5月 10円 10000円/10=1000枚

2017年6月 30円 10000/30=300枚

2017年7月 60円 10000/60=150枚

2017年8月 60円 10000/60=150枚

2017年9月 50円 10000/50=200枚

2017年10月 300円 10000/300=30枚

2017年11月 1200円 10000/1200=8枚

2017年12月 1500円 10000/1500=6枚

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年年末決済

2017/12/31  1MONA=1150円

保有枚数 4344枚

投資額 9万円

利益確定額:1150✖4344=5000000円

500万!!!

 

約50倍にもなっているということだ。

仮に、現在売ったとしても、1MONA=400円くらいだから、160万円にはなる。

ちなみに、現在Zaifで積立できるのはBTC,ETH,MONA,NEMである。

私のオススメとしてはMONAとNEM。

他の2銘柄に比べて価格が安いから、枚数を多く取れるということである。

これは人間心理からして重要で、BTCだと毎日もらえるのが小数点以下5桁目くらいの数なので、実感がない。

それに対して、MONAや NEMは少なくても小数点以下1桁では買えるから心理的にはgood

 

国内で唯一コイン積立できるのは本当に素晴らしい。

すでに登録している方も一度試してほしい。
Zaifの登録はこちらから(>人<;)

 

COMSAプラットフォーム

Zaifは1COMS=1ドルで昨年の9月販売を行った。

初日からのサーバーダウンの嵐。

目も当てられない状況が続いた。

 

ただ、一時は本当に夢を見ることができた。

1COMSA=500円をつけた日があった。

そこまではよかった….

””なんか時計販売してるし”””

”””全然情報ないし””””

 

当たり前である。

金融庁の指導により、現在ICOに対しては逆風が吹いている。

下手に情報でも流したら、金融庁が目を光らせているから、すぐにくる。

ということで、海外ではCOMSA頑張っていると思います。

日本ではあまりにも動きにくいのだと思います。

ですから、金融庁の方針が決まり次第、バンバン情報開示がくると思います。

COMSAはnemとethererumのハブとして二つのチェーンをERC-20とMosaicが行き来することができるプラットフォームも開発なうなので、それだけに期待です。

それ以外はあんまり興味がありません。

似たようなものにQASHがありますが、あちらの方が実現すれば圧倒的に上だと思いますが、それは過去記事を見ていただきたいです。

 

 

Zaifの悪い所

  • まじで注文通らん
  • 肝心な時にサーバーダウンするが、強制ロスカットによる連鎖で、他の取引所との乖離が数十万単位で発生するときがある。

 

これくらいだろうか。

取引所として、柱のところが残念なのがZaifなのであるが、こういう時にどのように対処するかを知っておくには越したことはない。

どこの取引所でもありうる可能性があるからだ。

人間完璧なんてないんですよ。

 

どう思うかなんですよ。

私自身、先日の先物フルレバで強制ロスカットくらいまして、証拠金維持率が-40%という事態ですわ。

 

結論

 

””焼けたくなきゃ他でFXしよう”””

””nem買うならZaif””

””コイン積立するならZaif”””

 

 

以上です。
Zaifの登録はこちらから(>人<;)

 

コメント