ワールドブック序章 -躍動-

QUOINE

QUOINE LIQUIDの中心のシステムになる、ワールドブックのプレスがでました!

ワールドブック ローンチ内容と考察を加えていきたいと思います!

ワールドブック ローンチ

経緯

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

私の今年のGWは最高の日々になりそうです。

そうです。

2018年4月30日

ついに来ました。

私の夢、ホルダーの夢であるワールドブック実装という目標であり出発点である日を迎えることができました。本当に嬉しい限りです。

ICOからこの全世界の板を一つにまとめるという大きなプロジェクトに向けて社員の方が頑張っておられる姿をおそらくホルダーのなかで一番近くで見て来た自信があります。

www.lovenem.site

土木からの脱却、ITへの進出実現はQUOINE社に感謝しています。

こんなに心から仕事をしたいと思える会社があるのかと。

それをインターンシップで感じました。

インターナル ワールドブック ローンチ

素晴らしいです。

内容を追っていきたいと思います。

プレス内容

メールできました。

メールこない方やこれを機にQASH,QUOINE社を知っていただきたいと思います。

QRYPTOSおよびQUOINEXにおきまして、一部の通貨ペアやユーザーについて、インターナル・ワールドブック ベータ版を稼動させております。本日のローンチは今日までに弊社グループ全社員が一丸となって努力を積み重ねてきた集大成となります。また、長い間ワールドブックの開始をお待ちいただいたお客様及びQASHトークンホルダーの皆様には多大な感謝を申し上げます。今回のインターナル・ワールドブック ベータ版の開始は、今後のワールドブックとLIQUIDプラットフォームの正式ローンチに向けた、最初の大きな一歩です。 LIQUIDプラットフォームは今年中頃にローンチ予定ですので、ご期待ください。

Internal worldbook launch

ということなので、QUOINE内部でワールドブックを稼働させているのでしょうか。

もう一度、ワールドブックというのはどういうものかを確認しましょう。

f:id:Akashizard:20171230025808p:plain

f:id:Akashizard:20171230025423p:plain

ワールドブックにより、BTC市場に偏る現在の市場に流動性を与えることができます。

これにより、スプレッドは最小限になります。

豊富な板により、FXでも心配することがなくなるでしょう。

私たちのビジョンは、国籍・年齢・性別問わずすべての人々が金融サービスを利用できる世界を創ることです。

壮大なことを考えているというのはホワイトペーパーを読んだときに感じました。

ブロックチェーン界の王になって欲しいところです。

具体的な実装内容

このアップグレードにより、マルチマーケットオーダーブック(MMO)が実装されました。 MMOは我々が参照する様々な取引所における注文と価格を集約するワールドブックの一部分を構成します。 最終的に、MMOは世界中のトレーダーが自身の基軸通貨をベースに同じオーダーブックを見ることを可能にするエンジンになります。 インターナル・オーダーブックは、BTC、ETH、BCH、およびQASHといった基軸通貨に対し、当社グループの取引所において発注されている全てのオーダーについて為替調整したうえでオーダーブックを提供いたします。

マルチマーケットオーダーブックが実装されたのですね!!

これもすごいですが、クロスカレンシー換算エンジンももっとすごいです。これは序章です。

これから、Liquid取引所開設までに様々なワールドブックの機能が搭載されると思います。

www.lovenem.site

今後も徐々に機能を追加し、中でも重要なものについては5月末までには実装される予定です。 しかし、これは始まりにすぎません。 次のステップは、エクスターナル・ワールドブックとLIQUIDプラットフォームのローンチに向けて動き出すことです。 そうすることで、我々のプラットフォームの本領が発揮されることでしょう。

手放してた方。

急いで買い戻さないとですねw

私も隙を見て、イーサリアムどんどん入れていきますよw!!

まとめ

これからますます注目することになりそうなQUOINE,QASH,Liquid

見逃せません。

コメント